翻訳者:

このマニュアルは WeeChat チャットクライアントについての文書で、これは WeeChat の一部です。

この文書の最新版は以下のページにあります: https://weechat.org/doc

1. はじめに

WeeChat (Wee Enhanced Environment for Chat) は無料のチャットクライアントで、高速、軽量、多くのオペレーティングシステムで動くように設計されています。

このマニュアルは WeeChat の内部構造について書かれています:

  • リポジトリ

  • コーディングルール

  • 中核部の内部構造

  • プラグインの内部構造

  • WeeChat に貢献する方法

2. リポジトリ

WeeChat リポジトリは GitHub organization の "weechat" にあります: https://github.com/weechat

リポジトリのリスト:

weechat

ソースコードと文書を含むコアリポジトリ

scripts

weechat.org に投稿された 公式 スクリプト

weechat.org

WeeChat ウェブサイトのソースコード: https://weechat.org/

weercd

IRC テストサーバ

qweechat

WeeChat の Qt リモート GUI。

このマニュアルは weechat リポジトリだけを説明しています。

2.1. 概要

主な WeeChat ディレクトリは:

ディレクトリ 説明

src/

ソースコードのルートディレクトリ

   core/

コア関数: エントリポイント、内部構造体

   gui/

バッファ、ウィンドウ、…​ を操作する関数 (全てのインターフェイスで使う)

      curses/

curses インターフェイス

   plugins/

プラグインとスクリプト向け API

      alias/

alias プラグイン

      aspell/

aspell プラグイン

      buflist/

buflist プラグイン

      charset/

charset プラグイン

      exec/

exec プラグイン

      fifo/

fifo プラグイン (WeeChat にコマンドを送信する FIFO パイプ)

      guile/

guile (scheme) スクリプト用 API

      irc/

IRC (Internet Relay Chat) プラグイン

      javascript/

javascript スクリプト用 API

      logger/

logger プラグイン (表示されたメッセージをファイルに書き込む)

      lua/

lua スクリプト用 API

      perl/

perl スクリプト用 API

      python/

python スクリプト用 API

      relay/

relay プラグイン (irc プロキシ + リモートインターフェイス用の中継)

      ruby/

ruby スクリプト用 API

      script/

スクリプトマネージャ

      tcl/

tcl スクリプト用 API

      trigger/

trigger プラグイン

      xfer/

xfer (IRC DCC ファイル/チャット)

tests/

テスト

   unit/

単体テスト

      core/

コア関数の単体テスト

doc/

文書

po/

翻訳ファイル (gettext)

debian/

Debian パッケージ用

2.2. ソースコード

2.2.1. コア

WeeChat "core" は以下のディレクトリに配置されています:

  • src/core/: コア関数 (データ操作用)

  • src/gui/: インターフェイスの関数 (バッファ、ウィンドウ、…​)

パス/ファイル名 説明

core/

コア関数: エントリポイント、内部構造体

   wee-arraylist.c

配列リスト

   wee-backtrace.c

クラッシュした際にバックトレースを表示

   wee-command.c

WeeChat コアコマンド

   wee-completion.c

デフォルト補完

   wee-config-file.c

設定ファイル管理

   wee-config.c

WeeChat コアの設定オプション (weechat.conf ファイル)

   wee-debug.c

デバッグ用関数

   wee-eval.c

内部変数へのリファレンスを含む式を評価

   wee-hashtable.c

ハッシュテーブル

   wee-hdata.c

hdata (ハッシュテーブルを用いて直接データを読む)

   wee-hook.c

フック

   wee-infolist.c

インフォリスト (オブジェクトに関するデータを含むリスト)

   wee-input.c

コマンドおよびテキストの入力

   wee-list.c

ソート済みリスト

   wee-log.c

WeeChat ログファイル (weechat.log) に書き込む

   wee-network.c

ネットワーク関数 (サーバやプロキシへの接続)

   wee-proxy.c

プロキシ管理

   wee-secure.c

安全なデータオプション (sec.conf ファイル)

   wee-string.c

文字列関数

   wee-upgrade-file.c

内部アップグレードシステム

   wee-upgrade.c

WeeChat コアのアップグレード (バッファ、行、履歴、…​)

   wee-url.c

URL 転送 (libcurl を使う)

   wee-utf8.c

UTF-8 関数

   wee-util.c

その他の関数

   wee-version.c

WeeChat バージョンについての関数

   weechat.c

主要関数: コマンドラインオプション、起動

gui/

バッファ、ウィンドウなどの関数 (全てのインターフェイスで利用)

   gui-bar-item.c

バー要素

   gui-bar-window.c

バーウィンドウ

   gui-bar.c

バー

   gui-buffer.c

バッファ

   gui-chat.c

チャット関数 (メッセージの表示、…​)

   gui-color.c

色関数

   gui-completion.c

コマンドラインの補完

   gui-cursor.c

カーソルモード (カーソルを自由に移動)

   gui-filter.c

フィルタ

   gui-focus.c

フォーカスについての関数 (カーソルモードとマウス用)

   gui-history.c

コマンドおよびバッファに保存されたテキスト

   gui-hotlist.c

ホットリスト管理 (活発なバッファのリスト)

   gui-input.c

入力関数 (入力バー)

   gui-key.c

キーボード関数

   gui-layout.c

レイアウト

   gui-line.c

バッファ中の行

   gui-mouse.c

マウス

   gui-nick.c

ニックネーム関数

   gui-nicklist.c

バッファのニックネームリスト

   gui-window.c

ウィンドウ

   curses/

curses インターフェイス

      gui-curses-bar-window.c

バーウィンドウへの表示

      gui-curses-chat.c

チャットエリアへの表示 (メッセージ)

      gui-curses-color.c

色関数

      gui-curses-key.c

キーボード関数 (デフォルトキー、入力の読み取り)

      gui-curses-main.c

WeeChat メインループ (キーボードやネットワークイベントの待ち受け)

      gui-curses-mouse.c

マウス

      gui-curses-term.c

端末についての関数

      gui-curses-window.c

ウィンドウ

      main.c

エントリポイント

2.2.2. プラグイン

パス/ファイル名 説明

plugins/

プラグインのルートディレクトリ

   plugin.c

プラグイン管理 (動的 C 言語ライブラリのロード/アンロード)

   plugin-api.c

プラグイン API の追加関数 (WeeChat コア関数のラッパー)

   plugin-config.c

プラグイン設定オプション (plugins.conf ファイル)

   plugin-script.c

スクリプトプラグインの共用関数

   plugin-script-api.c

スクリプト API 関数: 一部のプラグイン API 関数のラッパー

   weechat-plugin.h

WeeChat プラグインと一緒に配布されるヘッダファイル、プラグインのコンパイルに必要

   alias/

alias プラグイン

      alias.c

alias の主要関数

      alias-command.c

alias コマンド

      alias-completion.c

alias 補完

      alias-config.c

alias 設定オプション (alias.conf ファイル)

      alias-info.c

alias の情報/インフォリスト/hdata

   aspell/

aspell プラグイン

      weechat-aspell.c

aspell の主要関数

      weechat-aspell-bar-item.c

aspell バー要素

      weechat-aspell-command.c

aspell コマンド

      weechat-aspell-completion.c

aspell 補完

      weechat-aspell-config.c

aspell 設定オプション (aspell.conf ファイル)

      weechat-aspell-info.c

aspell の情報/インフォリスト/hdata

      weechat-aspell-speller.c

スペルチェッカ管理

   buflist/

buflist プラグイン

      buflist.c

buflist の主要関数

      buflist-bar-item.c

buflist バー要素

      buflist-command.c

buflist コマンド

      buflist-config.c

buflist 設定オプション (buflist.conf ファイル)

   charset/

charset プラグイン

      charset.c

charset 関数

   exec/

exec プラグイン

      exec.c

exec の主要関数

      exec-buffer.c

exec バッファ

      exec-command.c

exec コマンド

      exec-completion.c

exec 補完

      exec-config.c

exec 設定オプション (exec.conf ファイル)

   fifo/

fifo プラグイン

      fifo.c

fifo の主要関数

      fifo-command.c

fifo コマンド

      fifo-config.c

fifo 設定オプション (fifo.conf ファイル)

      fifo-info.c

fifo の情報/インフォリスト/hdata

   guile/

guile (scheme) プラグイン

      weechat-guile.c

guile の主要関数 (スクリプトのロード/アンロード、guile コードの実行)

      weechat-guile-api.c

guile スクリプト作成 API 関数

   irc/

IRC (Internet Relay Chat) プラグイン

      irc.c

IRC の主要関数

      irc-bar-item.c

IRC バー要素

      irc-buffer.c

IRC バッファ

      irc-channel.c

IRC チャンネル

      irc-color.c

IRC 色

      irc-command.c

IRC コマンド

      irc-completion.c

IRC 補完

      irc-config.c

IRC 設定オプション (irc.conf ファイル)

      irc-ctcp.c

IRC CTCP

      irc-debug.c

IRC デバッグ関数

      irc-ignore.c

IRC 無視

      irc-info.c

IRC の情報/インフォリスト/hdata

      irc-input.c

コマンドおよびテキストの入力

      irc-message.c

IRC メッセージを操作する関数

      irc-mode.c

チャンネルおよびニックネームのモードを操作する関数

      irc-msgbuffer.c

IRC メッセージを送るバッファ

      irc-nick.c

IRC ニックネーム

      irc-notify.c

IRC 通知リスト

      irc-protocol.c

IRC プロトコル (RFC 1459/2810/2811/2812/2813)

      irc-raw.c

IRC 生バッファ

      irc-redirect.c

IRC コマンド出力のリダイレクト

      irc-sasl.c

IRC サーバに対する SASL 認証

      irc-server.c

IRC サーバとの入出力通信

      irc-upgrade.c

WeeChat をアップグレードする際の IRC データの保存およびロード

   javascript/

javascript プラグイン

      weechat-js.cpp

javascript の主要関数 (スクリプトのロード/アンロード、javascript コードの実行)

      weechat-js-api.cpp

javascript スクリプト作成 API 関数

      weechat-js-v8.cpp

javascript v8 関数

   logger/

logger プラグイン

      logger.c

logger の主要関数

      logger-buffer.c

logger バッファリスト管理

      logger-config.c

logger 設定オプション (logger.conf ファイル)

      logger-info.c

logger の情報/インフォリスト/hdata

      logger-tail.c

ファイル末尾の行を返す

   lua/

lua プラグイン

      weechat-lua.c

lua の主要関数 (スクリプトのロード/アンロード、lua コードの実行)

      weechat-lua-api.c

lua スクリプト作成 API 関数

   perl/

perl プラグイン

      weechat-perl.c

perl の主要関数 (スクリプトのロード/アンロード、perl コードの実行)

      weechat-perl-api.c

perl スクリプト作成 API 関数

   python/

python プラグイン

      weechat-python.c

python の主要関数 (スクリプトのロード/アンロード、python コードの実行)

      weechat-python-api.c

python スクリプト作成 API 関数

   relay/

relay プラグイン (IRC プロキシとリモートインターフェイスへの中継)

      relay.c

relay の主要関数

      relay-buffer.c

relay バッファ

      relay-client.c

relay クライアント

      relay-command.c

relay コマンド

      relay-completion.c

relay 補完

      relay-config.c

relay 設定オプション (relay.conf ファイル)

      relay-info.c

relay の情報/インフォリスト/hdata

      relay-network.c

relay 用のネットワーク関数

      relay-raw.c

relay 生バッファ

      relay-server.c

relay サーバ

      relay-upgrade.c

WeeChat をアップグレードする際にデータを保存/回復

      relay-websocket.c

リレー用の websocket サーバ関数 (RFC 6455)

      irc/

IRC プロキシ

         relay-irc.c

IRC プロキシの主要関数

      weechat/

リモートインターフェイスへの中継

         relay-weechat.c

リモートインターフェイスへの中継 (主要関数)

         relay-weechat-msg.c

クライアントにバイナリメッセージを送信

         relay-weechat-nicklist.c

ニックネームリスト関数

         relay-weechat-protocol.c

クライアントからのコマンドを読み取る

   ruby/

ruby プラグイン

      weechat-ruby.c

ruby の主要関数 (スクリプトのロード/アンロード、ruby コードの実行)

      weechat-ruby-api.c

ruby スクリプト作成 API 関数

   script/

スクリプトマネージャ

      script.c

スクリプトマネージャの主要関数

      script-action.c

スクリプトに対する操作 (ロード/アンロード、インストール/削除、…​)

      script-buffer.c

スクリプトマネージャ用のバッファ

      script-command.c

スクリプトマネージャ用のコマンド

      script-completion.c

スクリプトマネージャ用の補完

      script-config.c

スクリプトマネージャ用の設定オプション (script.conf ファイル)

      script-info.c

スクリプトマネージャの情報/インフォリスト/hdata

      script-repo.c

リポジトリファイルのダウンロードとロード

   tcl/

tcl プラグイン

      weechat-tcl.c

tcl の主要関数 (スクリプトのロード/アンロード、tcl コードの実行)

      weechat-tcl-api.c

tcl スクリプト作成 API 関数

   trigger/

trigger プラグイン

      trigger.c

trigger の主要関数

      trigger-buffer.c

trigger バッファ

      trigger-callback.c

trigger コールバック

      trigger-command.c

trigger コマンド

      trigger-completion.c

trigger 補完

      trigger-config.c

trigger 設定オプション (trigger.conf ファイル)

   xfer/

xfer プラグイン (IRC DCC ファイル/チャット)

      xfer.c

xfer の主要関数

      xfer-buffer.c

xfer バッファ

      xfer-chat.c

xfer DCC チャット

      xfer-command.c

xfer コマンド

      xfer-completion.c

xfer 補完

      xfer-config.c

xfer 設定オプション (xfer.conf ファイル)

      xfer-dcc.c

DCC ファイル転送

      xfer-file.c

xfer のファイル関数

      xfer-info.c

xfer の情報/インフォリスト/hdata

      xfer-network.c

xfer のネットワーク関数

      xfer-upgrade.c

WeeChat をアップグレードする際の xfer データの保存および回復

2.2.3. テスト

パス/ファイル名 説明

tests/

テスト用のルートディレクトリ

   tests.cpp

テスト実行に使うプログラム

   unit/

単体テスト用のルートディレクトリ

      core/

core 向け単体テスト用のルートディレクトリ

         test-arraylist.cpp

テスト: 配列リスト

         test-eval.cpp

テスト: 式の評価

         test-hashtble.cpp

テスト: ハッシュテーブル

         test-hdata.cpp

テスト: hdata

         test-infolist.cpp

テスト: インフォリスト

         test-list.cpp

テスト: リスト

         test-string.cpp

テスト: 文字列

         test-url.cpp

テスト: URL

         test-utf8.cpp

テスト: UTF-8

         test-util.cpp

テスト: ユーティリティ関数

2.3. 文書 / 翻訳

文書ファイル:

パス/ファイル名 説明

doc/

文書

   docinfo.html

asciidoctor スタイル

   docgen.py

autogen/ ディレクトリ内のファイルを作成する Python スクリプト (以下を参照)

   XX/

言語コード XX (言語コード: en、fr、de、it、…​) 用のディレクトリ

      cmdline_options.XX.adoc

コマンドラインオプション (man ページとユーザーズガイドに含まれるファイル)

      weechat.1.XX.adoc

man ページ (man weechat)

      weechat_dev.XX.adoc

開発者リファレンス (この文書)

      weechat_faq.XX.adoc

FAQ

      weechat_plugin_api.XX.adoc

プラグイン API リファレンス

      weechat_quickstart.XX.adoc

クイックスタートガイド

      weechat_relay_protocol.XX.adoc

リレープロトコル (リモートインターフェイス用)

      weechat_scripting.XX.adoc

スクリプト作成ガイド

      weechat_tester.XX.adoc

テスターガイド

      weechat_user.XX.adoc

ユーザーズガイド

      autogen/

docgen.py スクリプトが自動生成するファイル

         user/

ユーザーズガイド用の自動生成ファイル (手作業による編集は 禁止!)

         plugin_api/

プラグイン API 用の自動生成ファイル (手作業による編集は 禁止!)

WeeChat とプラグインの翻訳は gettext で行います、ファイルは po/ ディレクトリに含まれています:

パス/ファイル名 説明

po/

翻訳ファイル (gettext)

   XX.po

言語コード XX (言語コード: en、fr、de、it、…​) への翻訳、翻訳元言語は英語

   weechat.pot

翻訳用テンプレート (自動作成)

3. コーディングルール

3.1. 一般的なルール

  • ソースコード内で使用する、コメント、変数名、…​ は必ず 英語 で記述してください (他の言語を使わないでください)

  • 新しいファイルにはコピーライトヘッダを入れ、以下の情報を含めてください:

    • ファイルの短い説明 (1 行)、

    • 日付、

    • 名前、

    • 電子メールアドレス、

    • ライセンス。

/*
 * weechat.c - core functions for WeeChat
 *
 * Copyright (C) 2017 Your Name <your@email.com>
 *
 * This file is part of WeeChat, the extensible chat client.
 *
 * WeeChat is free software; you can redistribute it and/or modify
 * it under the terms of the GNU General Public License as published by
 * the Free Software Foundation; either version 3 of the License, or
 * (at your option) any later version.
 *
 * WeeChat is distributed in the hope that it will be useful,
 * but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
 * MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the
 * GNU General Public License for more details.
 *
 * You should have received a copy of the GNU General Public License
 * along with WeeChat.  If not, see <http://www.gnu.org/licenses/>.
 */

3.2. C 言語スタイル

C 言語のコードを書く際には以下の基本的なルールを 必ず 守ってください。:

  • インデントは空白文字を 4 個使ってください。タブ文字を使わないでください、タブ文字は良くありません。

  • 読みやすくする必要がある場合を除いて、1 行は 80 文字以内に収めてください。

  • コメントは /* comment */ のようにしてください (// comment のような C99 スタイルのコメントは使わないでください)。

  • 関数の前に、その関数の機能を説明するコメントを付けてください (説明が短くても、必ず複数行コメントを使ってください)。

例:

/*
 * Checks if a string with boolean value is valid.
 *
 * Returns:
 *   1: boolean value is valid
 *   0: boolean value is NOT valid
 */

int
foo ()
{
    int i;

    /* one line comment */
    i = 1;

    /*
     * multi-line comment: this is a very long description about next block
     * of code
     */
    i = 2;
    printf ("%d\n", i);
}
  • 具体的な変数名を使ってください、例えば "n" や "nc" の代わりに "nicks_count" を使ってください。 例外: for ループのカウンタ変数に "i" や "n" を使うのは問題ありません。

  • 関数内で行うローカル変数の初期化は宣言の後に行ってください、例:

void
foo ()
{
    int nick_count, buffer_count;

    nick_count = 0;
    buffer_count = 1;
    /* ... */
}
  • たとえ必要無くとも、丸括弧を使って式を評価する順番を明示してください、例: x + y * z の代わりに x + (y * z) と書いてください

  • 中括弧 { } は制御文の次の行に単独で置き、制御文 (以下の if です) と同じ空白文字の数だけインデントしてください:

if (nicks_count == 1)
{
    /* something */
}
  • 関数内部でブロックを分けるには空行を使ってください、可能であればそれぞれのブロックにコメントを付けてください:

/*
 * Sends a message from out queue.
 */

void
irc_server_outqueue_send (struct t_irc_server *server)
{
    /* ... */

    /* send signal with command that will be sent to server */
    irc_server_send_signal (server, "irc_out",
                            server->outqueue[priority]->command,
                            server->outqueue[priority]->message_after_mod,
                            NULL);
    tags_to_send = irc_server_get_tags_to_send (server->outqueue[priority]->tags);
    irc_server_send_signal (server, "irc_outtags",
                            server->outqueue[priority]->command,
                            server->outqueue[priority]->message_after_mod,
                            (tags_to_send) ? tags_to_send : "");
    if (tags_to_send)
        free (tags_to_send);

    /* send command */
    irc_server_send (server, server->outqueue[priority]->message_after_mod,
                     strlen (server->outqueue[priority]->message_after_mod));
    server->last_user_message = time_now;

    /* start redirection if redirect is set */
    if (server->outqueue[priority]->redirect)
    {
        irc_redirect_init_command (server->outqueue[priority]->redirect,
                                   server->outqueue[priority]->message_after_mod);
    }

    /* ... */
}
  • if 条件はインデントし、演算子を含む条件は丸括弧で括ってください (単独のブール値を評価する場合は不要)、例:

if (something)
{
    /* something */
}
else
{
    /* something else */
}

if (my_boolean1 && my_boolean2 && (i == 10)
    && ((buffer1 != buffer2) || (window1 != window2)))
{
    /* something */
}
else
{
    /* something else */
}
  • switch 文は以下の様にインデントしてください:

switch (string[0])
{
    case 'A':  /* first case */
        foo ("abc", "def");
        break;
    case 'B':  /* second case */
        bar (1, 2, 3);
        break;
    default:  /* other cases */
        baz ();
        break;
}
  • 関数プロトタイプには typedef を使い、構造体を使わないでください:

typedef int (t_hook_callback_fd)(void *data, int fd);

struct t_hook_fd
{
    t_hook_callback_fd *callback;      /* fd callback                       */
    int fd;                            /* socket or file descriptor         */
    int flags;                         /* fd flags (read,write,..)          */
    int error;                         /* contains errno if error occurred  */
                                       /* with fd                           */
};

/* ... */

struct t_hook_fd *new_hook_fd;

new_hook_fd = malloc (sizeof (*new_hook_fd));
  • Emacs テキストエディタのユーザは以下の Lisp コードを ~/.emacs.el に追記することで、適切なインデントを行うことができます。

(add-hook 'c-mode-common-hook
          '(lambda ()
             (c-toggle-hungry-state t)
             (c-set-style "k&r")
             (setq c-basic-offset 4)
             (c-tab-always-indent t)
             (c-set-offset 'case-label '+)))

3.3. Python スタイル

4. コアの構造

4.1. 命名規則

4.1.1. ファイル

ファイル名に使えるのは文字とハイフンだけで、書式: xxx-yyyyy.[ch] に従ってください。xxx はディレクトリおよび構成要素 (略称も可) で、yyyyy はファイルの名前です。

主要ファイルにはディレクトリと同じ名前を付ける事ができます。例えば irc プラグインの irc.c など。

例:

ディレクトリ ファイル

src/core/

weechat.c、wee-backtrace.c、wee-command.c、…​

src/gui/

gui-bar.c、gui-bar-item.c、gui-bar-window.c、…​

src/gui/curses/

gui-curses-bar.c、gui-curses-bar-window.c、gui-curses-chat.c、…​

src/plugins/

plugin.c、plugin-api.c、plugin-config.c、plugin-script.c、…​

src/plugins/irc/

irc.c、irc-bar-item.c、irc-buffer.c、…​

src/plugins/python/

weechat-python.c、weechat-python-api.c、…​

C 言語ファイルのヘッダはファイルと同じ名前です、例えばファイル wee-command.c のヘッダファイルは wee-command.h です

4.1.2. 構造体

構造体の名前は t_X_Y または t_X_Y_Z という書式に従います:

  • X: ディレクトリ/構成要素 (略称も可)

  • Y: ファイル名の最後

  • Z: 構造体の名前 (任意)

例: IRC のニックネーム (src/plugins/irc/irc-nick.h より):

struct t_irc_nick
{
    char *name;                     /* nickname                              */
    char *host;                     /* full hostname                         */
    char *prefixes;                 /* string with prefixes enabled for nick */
    char prefix[2];                 /* current prefix (higher prefix set in  */
                                    /* prefixes)                             */
    int away;                       /* 1 if nick is away                     */
    char *color;                    /* color for nickname in chat window     */
    struct t_irc_nick *prev_nick;   /* link to previous nick on channel      */
    struct t_irc_nick *next_nick;   /* link to next nick on channel          */
};

4.1.3. 変数

グローバル変数 (関数の外側) の名前は X_Y_Z という書式に従います:

  • X: ディレクトリ/構成要素 (略称も可)

  • Y: ファイル名の最後

  • Z: 変数の名前

例外として、リストの「最後の」ノードを表す変数の名前は last_X という書式に従います (ここで X は変数の名前で、単数形を使います)。

例: ウィンドウ (src/gui/gui-window.c より):

struct t_gui_window *gui_windows = NULL;        /* first window             */
struct t_gui_window *last_gui_window = NULL;    /* last window              */
struct t_gui_window *gui_current_window = NULL; /* current window           */

ローカル変数 (関数内) に対する命名規則はありません。ただし具体的な (短すぎない) 名前をつけることを推奨します。とは言うものの、構造体へのポインタは通常 ptr_xxxx のように名付けます。例えば、struct t_gui_buffer * へのポインタは: *ptr_buffer のように名付けます。

4.1.4. 関数

関数に対する命名規則は変数と同じです。

例: 新しいウィンドウの作成 (src/gui/gui-window.c より):

/*
 * Creates a new window.
 *
 * Returns pointer to new window, NULL if error.
 */

struct t_gui_window *
gui_window_new (struct t_gui_window *parent_window, struct t_gui_buffer *buffer,
                int x, int y, int width, int height,
                int width_pct, int height_pct)
{
    /* ... */

    return new_window;
}

4.2. シングルスレッド

WeeChat はシングルスレッドです。これはつまり、コードの全ての部分を非常に高速に実行する必要があり、sleep などの関数を呼び出すことは 厳格に禁止 されているということです (この点は WeeChat コアだけでなく、C 言語プラグインとスクリプトでも同じことが言えます)。

何らかの理由でしばらく sleep したい場合は、hook_timer をコールバックと併せて使ってください。

4.3. 双方向連結リスト

WeeChat のほとんどの連結リストは双方向連結リストです: 各ノードは 1 つ前と 1 つ後のノードへのポインタを持っています。

例: バッファのリスト (src/gui/gui-buffer.h より):

struct t_gui_buffer
{
    /* data */

    /* ... */

    struct t_gui_buffer *prev_buffer;  /* link to previous buffer           */
    struct t_gui_buffer *next_buffer;  /* link to next buffer               */
};

さらにリストの最初と最後を示す 2 つのポインタがあります:

struct t_gui_buffer *gui_buffers = NULL;           /* first buffer          */
struct t_gui_buffer *last_gui_buffer = NULL;       /* last buffer           */

4.4. 文字列中の色コード

WeeChat は文字列中に独自の色コードを使うことで、属性 (太字、下線、…​) と画面上の色を表現します。

文字列にある文字を含め、その後に属性および色を指定します、これは:

  • 0x19: 色コード (これの後に色コード指定)

  • 0x1A: 属性の設定 (これの後に属性を指定)

  • 0x1B: 削除属性 (これの後に属性を指定)

  • 0x1C: リセット (これの後には何も付けない)

指定できる属性は (1 文字以上):

  • *: 太字

  • !: 反転

  • /: イタリック

  • _: 下線

  • |: 属性を保存

指定できる色は:

  • 標準色: 任意属性 + 2 桁の番号

  • 拡張色: @ + 任意属性 + 5 桁の番号

以下の表に使われる組み合わせを示す:

  • STD: 標準色 (2 桁の番号)

  • (A)STD: 任意属性を含めた標準色 (属性 + 2 桁の番号)

  • EXT: 拡張色 (@ + 5 桁の番号)

  • (A)EXT:任意属性を含めた拡張色 (@ + 属性 + 5 桁の番号)

  • ATTR: 属性指定の 1 文字 (*!/_|)

以下の表にすべての組み合わせをまとめています:

コード エリア 説明

19 + STD

19 01

chat + bars

オプションを使って属性と色を指定、色コードは以下の表を参照

19 + EXT

19 @00001

chat

ncurses ペアを使って色を指定 (/color バッファのみ有効)

19 + "F" + (A)STD

19 F*05

chat + bars

文字色 (WeeChat 色) を設定

19 + "F" + (A)EXT

19 F@00214

chat + bars

文字色 (拡張色) を設定

19 + "B" + STD

19 B05

chat + bars

背景色 (WeeChat 色) を設定

19 + "B" + EXT

19 B@00124

chat + bars

背景色 (拡張色) を設定

19 + "*" + (A)STD

19 *05

chat + bars

文字色(WeeChat 色) を設定

19 + "*" + (A)EXT

19 *@00214

chat + bars

文字色 (拡張色) を設定

19 + "*" + (A)STD + "," + STD

19 *08,05

chat + bars

文字色および背景色 (WeeChat 色) を設定

19 + "*" + (A)STD + "," + EXT

19 *01,@00214

chat + bars

文字色 (WeeChat 色) と背景色 (拡張色) を設定

19 + "*" + (A)EXT + "," + STD

19 *@00214,05

chat + bars

文字色 (拡張色) と背景色 (WeeChat 色) を設定

19 + "*" + (A)EXT + "," + EXT

19 *@00214,@00017

chat + bars

文字色および背景色 (拡張色) を設定

19 + "b" + "F"

19 bF

bars

バーの文字色を設定

19 + "b" + "D"

19 bD

bars

バーの区切り文字色を設定

19 + "b" + "B"

19 bB

bars

バーの背景色を設定

19 + "b" + "_"

19 b_

input bar

文字入力を開始 ("input_text" 要素のみで利用可)

19 + "b" + "-"

19 b-

input bar

隠し文字入力を開始 ("input_text" 要素のみで利用可)

19 + "b" + "#"

19 b#

input bar

カーソル文字を移動 ("input_text" 要素のみで利用可)

19 + "b" + "i"

19 bi

bars

要素を開始

19 + "b" + "l" (小文字の L)

19 bl

bars

行要素を開始

19 + "E"

19 E

chat + bars

テキストを強調 (WeeChat バージョン 0.4.2 以上で利用可)

19 + 1C

19 1C

chat + bars

色をリセット (属性は保存)

1A + ATTR

1A *

chat + bars

属性を設定

1B + ATTR

1B *

chat + bars

属性を削除

1C

1C

chat + bars

属性と色をリセット

オプションを使う色コード (src/gui/gui-color.h ファイルの t_gui_color_enum を参照):

コード オプション

00

weechat.color.separator

01

weechat.color.chat

02

weechat.color.chat_time

03

weechat.color.chat_time_delimiters

04

weechat.color.chat_prefix_error

05

weechat.color.chat_prefix_network

06

weechat.color.chat_prefix_action

07

weechat.color.chat_prefix_join

08

weechat.color.chat_prefix_quit

09

weechat.color.chat_prefix_more

10

weechat.color.chat_prefix_suffix

11

weechat.color.chat_buffer

12

weechat.color.chat_server

13

weechat.color.chat_channel

14

weechat.color.chat_nick

15

weechat.color.chat_nick_self

16

weechat.color.chat_nick_other

17

(WeeChat バージョン 0.3.4 以上で利用不可)

18

(WeeChat バージョン 0.3.4 以上で利用不可)

19

(WeeChat バージョン 0.3.4 以上で利用不可)

20

(WeeChat バージョン 0.3.4 以上で利用不可)

21

(WeeChat バージョン 0.3.4 以上で利用不可)

22

(WeeChat バージョン 0.3.4 以上で利用不可)

23

(WeeChat バージョン 0.3.4 以上で利用不可)

24

(WeeChat バージョン 0.3.4 以上で利用不可)

25

(WeeChat バージョン 0.3.4 以上で利用不可)

26

(WeeChat バージョン 0.3.4 以上で利用不可)

27

weechat.color.chat_host

28

weechat.color.chat_delimiters

29

weechat.color.chat_highlight

30

weechat.color.chat_read_marker

31

weechat.color.chat_text_found

32

weechat.color.chat_value

33

weechat.color.chat_prefix_buffer

34

weechat.color.chat_tags (WeeChat バージョン 0.3.6 以上で利用可)

35

weechat.color.chat_inactive_window (WeeChat バージョン 0.3.6 以上で利用可)

36

weechat.color.chat_inactive_buffer (WeeChat バージョン 0.3.6 以上で利用可)

37

weechat.color.chat_prefix_buffer_inactive_buffer (WeeChat バージョン 0.3.6 以上で利用可)

38

weechat.color.chat_nick_offline (WeeChat バージョン 0.3.9 以上で利用可)

39

weechat.color.chat_nick_offline_highlight (WeeChat バージョン 0.3.9 以上で利用可)

40

weechat.color.chat_nick_prefix (WeeChat バージョン 0.4.1 以上で利用可)

41

weechat.color.chat_nick_suffix (WeeChat バージョン 0.4.1 以上で利用可)

42

weechat.color.emphasized (WeeChat バージョン 0.4.2 以上で利用可)

43

weechat.color.chat_day_change (WeeChat バージョン 0.4.2 以上で利用可)

44

weechat.color.chat_value_null (WeeChat バージョン 1.4 以上で利用可)

WeeChat 色は:

コード

00

デフォルト (端末の文字色/背景色)

01

02

暗い灰色

03

暗い赤

04

明るい赤

05

暗い緑

06

明るい緑

07

茶色

08

黄色

09

暗い青

10

明るい青

11

暗いマゼンダ

12

明るいマゼンダ

13

暗いシアン

14

明るいシアン

15

灰色

16

色コードの例:

コード 説明

19 01

オプション "01" の色 (チャットテキスト)

19 *08,03

文字色が黄色、背景色が赤色

19 *@00214

オレンジ (拡張色 214)

19 *@*_00214,@00017

文字は太字で下線付きのオレンジ色 (214)、背景色は青 (17)

1A _

下線

1B _

下線を削除

1C

属性と色をリセット

5. プラグインの内部構造

ファイル src/plugins/weechat-plugin.h は API で使うことのできる全ての関数を定義し、エクスポートします。

t_weechat_plugin 構造体はプラグインに関する情報 (ファイル名、プラグイン名、作者、説明、…​) と全ての API 関数をポインタにしてを保存するために使われます

API 関数を簡単に呼び出すためのマクロが定義されています。

例えば、関数 hook_timer は以下のように構造体 t_weechat_plugin で定義されています:

struct t_hook *(*hook_timer) (struct t_weechat_plugin *plugin,
                              long interval,
                              int align_second,
                              int max_calls,
                              int (*callback)(void *data,
                                              int remaining_calls),
                              void *callback_data);

この関数を呼び出すマクロは:

#define weechat_hook_timer(__interval, __align_second, __max_calls,     \
                           __callback, __data)                          \
    weechat_plugin->hook_timer(weechat_plugin, __interval,              \
                               __align_second, __max_calls,             \
                               __callback, __data)

このため、プラグイン内での関数の呼び出しは以下の例の様に行います:

server->hook_timer_sasl = weechat_hook_timer (timeout * 1000,
                                              0, 1,
                                              &irc_server_timer_sasl_cb,
                                              server);

6. WeeChat への貢献

6.1. Git リポジトリ

Git リポジトリはこの URL にあります: https://github.com/weechat/weechat

バグや新機能のパッチは必ず master ブランチに対して適用できるものを作成し、GitHub の pull リクエストを使って提出することを推奨します。パッチは電子メールで送信することも可能です (git diff または git format-patch で作成してください)。

コミットメッセージは以下の書式に従ってください (GitHub の issue を閉じる場合):

component: fix a problem (closes #123)

Savannah のバグを閉じる場合:

component: fix a problem (bug #12345)

component には以下から 1 つ選んで記入してください:

  • WeeChat コア: core (ルートディレクトリ、po/ ディレクトリ、src/ ディレクトリに含まれるファイル、ただし src/plugins/ 内のファイルを除く)

  • 文書ファイル: doc (doc/ ディレクトリに含まれるファイル)

  • プラグインの名前: ircpythonrelay、…​ (src/plugins/ ディレクトリに含まれるファイル)

以下のルールに従ってください:

  • 英語を使ってください

  • 動詞の原形を使ってください

  • コミットの内容がトラッカーに関するものである場合には、コミットメッセージの後にカッコで括ってその旨記載してください、書式は以下のようにしてください:

    • GitHub: closes #123

    • Savannah: bug #12345, task #12345, patch #12345

コミットメッセージの例:

irc: add command /unquiet (closes #36)
core: add callback "nickcmp" for nick comparison in buffers
irc: fix freeze when reading on socket with SSL enabled (bug #35097)
ruby: add detection of ruby version 1.9.3 in cmake
python: fix crash when unloading a script without pointer to interpreter
core: update Japanese translations (patch #7783)

6.2. 翻訳

6.2.1. Gettext

Gettext ファイルは po/

ディレクトリに入っています。新しい言語の翻訳を始める際は、コマンド msginit を使ってください。例えばオランダ語の空ファイルを作成するには:

$ cd po
$ msginit -i weechat.pot -l nl_NL -o nl.po

WeeChat の翻訳元言語は英語です、翻訳する場合は必ず英語から翻訳してください

翻訳が完了したら、必ず msgcheck.py (https://github.com/flashcode/msgcheck) スクリプトを使ってファイルの内容を確認してください:

$ msgcheck.py xx.po
自動生成ファイルを作成する

doc/XX/autogen/ ディレクトリに含まれるファイルは doc/docgen.py スクリプトが自動生成するファイルです。

この python スクリプトを自分の python ディレクトリ (例えば ~/.weechat/python) にコピーしてください。WeeChat からこのスクリプトをロードして、/doc ディレクトリへのパスを設定してください:

/python load docgen.py
/set plugins.var.python.docgen.path "~/src/weechat/doc"

ファイルを生成するエイリアスを作ってください:

/alias add doc /perl unload; /python unload; /ruby unload; /lua unload; /tcl unload; /guile unload; /javascript unload; /python load docgen.py; /wait 1ms /docgen

コマンド /doc を使って全ての (全てのプログラミング言語について) 自動生成するファイルを作成してください。

コマンド /doc を使う際に、すべての C 言語プラグイン (irc、charset、…​) がロードされていることを確認して下さい、これはメモリ上にあるデータを使ってファイルを作成するためです。

6.2.2. Asciidoc

Asciidoc ファイルは doc/XX/ ディレクトリにあり、XX は言語コード (en、fr、de、it、…​) です。

最初に英語の asciidoc ファイル (doc/en/ ディレクトリ中にある) をコピーして、それを編集してください。

ファイル中の未翻訳部分には以下の文字列で目印が付けられています:

// TRANSLATION MISSING

メモや警告などを示すリンクおよび特殊キーワードを除く全ての部分を必ず翻訳してください、以下の単語を書き換えるのはやめてください:

[[link_name]]
<<link_name>>

[NOTE]
[TIP]
[IMPORTANT]
[WARNING]
[CAUTION]

[link_name] の後に名前がある場合、これも必ず翻訳してください:

<<link_name,このテキストは必ず翻訳してください>>